産業技術総合研究所

化学物質の爆発安全情報データベース

安全科学研究部門  爆発安全研究グループ

危険物確認試験実施マニュアル

(当マニュアルは、新日本法規出版株式会社の許可を得て本データベースに掲載しております。)

発行所 : 新日本法規出版株式会社
発行年月日 : 平成元年9月27日
監修 : 消防庁危険物規制課
編集 : 危険物技術委員会

目  次

第1章 確認試験実施における留意点 クリック動画はこちら (FLVファイル:4.23 MB) 注

第2章 各類ごとの試験方法
 第1節 第1類の試験方法 クリック動画はこちら (FLVファイル:100.39 MB) 注
    1 試験方法と評価手順の概要
    2 燃焼試験
    3 落球式打撃感度試験
    4 大量燃焼試験
    5 鉄管試験
 第2節 第2類の試験方法 クリック動画はこちら (FLVファイル:22.03 MB) 注
    1 試験方法及び評価手順の概要
    2 小ガス炎着火試験
    3 引火点測定試験
 第3節 第3類の試験方法 クリック動画はこちら (FLVファイル:29.02 MB) 注
    1 試験方法及び評価手順の概要
    2 自然発火性試験
    3 水との反応性試験
 第4節 第4類の試験方法 クリック動画はこちら (FLVファイル:30.43 MB) 注
    1 試験方法と評価手順の概要
    2 引火点測定試験
    3 タグ密閉式引火点測定器による引火点測定試験
    4 クリーブランド開放式引火点測定器による引火点測定試験
    5 セタ密閉式引火点測定器による引火点測定試験
 第5節 第5類の試験方法 クリック動画はこちら (FLVファイル:61.91 MB) 注
    1 試験方法と評価手順の概要
    2 熱分析試験
    3 圧力容器試験
 第6節 第6類の試験方法 クリック動画はこちら (FLVファイル:23.27 MB) 注
    1 試験方法と評価手順の概要
    2 燃焼試験

〈注〉 注 のファイルを閲覧するには、Flash Player をパソコンにインストールしている必要があります。

第3章 その他の確認方法
    1 液状確認
    2 粉粒状確認
    3 動粘度測定
    4 燃焼点測定
    5 可燃性液体量確認
    6 発火点測定
    7 沸点測定

参考資料

Ⅰ 関連規格
(1)「標準ふるい」(抄)(JIS Z8801-1987)
(2)「化学製品のふるい残分試験方法」(抄) (JIS K0069-1966)
(3)「Flash Point of Liquids by Setaflash Closed-cup Apparatus」(ASTM D3278-82)
(4)「原油及び石油製品引火点試験方法」(抄)(JIS K2265-1980)
(5)「液状の樹脂の回転粘度計による粘度試験方法」(抄)(JIS K7117-1987)
(6)「Flash Point and Fire Point of Liquids by Tag Open-cup Apparatus」(ASTM D1310-1986)
(7)「塗料一般試験方法」(抄)(JIS K5400-1979)
(8)「化学製品の水分試験方法」(JIS KOO68-1966)
(9)「Autoignition Temperature of Liquid Chemicals」(ASTM E659-1978)
(10)「自動車用非鉱油系ブレーキ液」(抄) (JIS K2233-1989)
  
Ⅱ 確認試験結果報告書
(1) 第1類の確認試験結果報告書
(2) 第2類の確認試験結果報告書
(3) 第3類の確認試験結果報告書
(4) 第4類の確認試験結果報告書
(5) 第5類の確認試験結果報告書
(6) 第6類の確認試験結果報告書