産業技術総合研究所

化学物質の爆発安全情報データベース

安全科学研究部門  爆発安全研究グループ

2 引火点測定試験

2.1 試験の日的

  本試験は、液体物品が引火するか否かを判断することを目的とする。

2.2 引火点測定器の種類とその適用

(1)測定器の種類
   引火点測定試験に用いる測定器は、次の3種類である。
  ア タグ密閉式引火点軸定器
  イ クリーブランド開放式引火点測定器
  ウ セタ密閉式引火点測定器

(2)手順
   試験に供する試験物品の引火点によって適用される測定器が異なるので、次の手順によって引火点を決定する。
  ア まず、「タグ密閉式引火点測定器」を用いて試験物品の引火点を測定する。

  イ アで測定された引火点が

 ウ 試験物品のタグ引火点における動粘度を測定し、その結果が

        動粘度(cst)=粘度(cP)/密度(g/cm

引火点測定フロー